青森県内の2021年衆院選立候補予定者について

本日は、青森県内の2021年衆院選立候補予定者について書きたいと思います。

衆院任期残り半年、政治活動も新様式/青森県内

Web東奥様の記事より引用
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/511052

昨日のWeb東奥様の記事に「衆院任期残り半年、政治活動も新様式/青森県内」というニュースがありました。
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/511052

衆議院選挙まで残り半年を切った中で、現時点での候補予定者がまとめられています。(上記の表参照)

三沢市が含まれる青森2区は、まだ立民の候補者が不在。

さて、三沢市が含まれる青森2区は自民の現職の大島氏が候補予定者となっており、その他、共産党の田端氏も出馬表明をされています。

立憲民主党は候補者がまだ不明であります。候補者を擁立しない訳ではないと思いますが、正式な発表がありません。

前回(2017年)は希望の党から工藤武司氏が出馬されていました。
http://kudotakeshi.sakura.ne.jp/

青森2区の候補者に注目していきたいと思います。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。