青森県は本日14日で「緊急事態宣言」解除となりました。

本日14日、午後6時から安倍内閣総理大臣の記者会見が行われ、緊急事態宣言が解除の説明が行われました。

安倍内閣総理大臣から緊急事態宣言が解除された地域の皆様へ3つのお願い(会見から抜粋)

➀少しずつ・段階的に
 解除された地域の皆様に、もはや外出自粛はお願い致しません。
 それでも最初は「人との面会を避ける・電話ですむものはすませる」等人との接触を出来る限り減らす努力は続けて頂きたいと思います。
 解除された地域の中でも県をまたいだ移動については少なくとも、今月中は可能な限り、控えて頂きたい。段階的に日常の暮らしを取り戻して頂くようお願いします。

➁前向きな変化は出来るだけこれからも続けてほしい
 この1ヵ月でテレワークが普及しました。改善すべきは改善しながら、この前向きな変化を今後も継続して頂きたい。時差通勤等の取り組みも混雑を避ける上で有効であり、是非これからも続けて頂きたいと考えています。

➂日常のあらゆる場面でウイルスへの警戒を怠らないで頂きたい
 こまめな手洗いを心がけて頂く事はもとより、常に人との距離を十分に取り、密集は避ける。外出する時は必ずマスクを着用し、他の人との密接は出来るだけ避ける。屋内より屋外で、密閉は避ける。専門家の皆さんが取りまとめた新しい生活様式を参考に、3つの密を生活のあらゆる場面で避けて頂きたい。
 特に3つ密が濃厚な形で重なる夜の繁華街の接待を伴う飲食店(バーやナイトクラブ、カラオケ、ライブハウス)への出入りは今後とも控えて頂きますようにお願い致します。いずれも、これまで集団感染が確認された場所であり、身を守る為の行動を重ねてお願いします。

※事実上、経済を優先させる選択を取られたと考えています。

コロナ対策の2次補正の編成表明を致しました。

2次補正予算案が編成されるのではないか?との予測がありましたが、本日の記者会見で正式にコロナ対策の第2次補正予算案を編成する方針が示されました。

方針内容
〇雇用調整助成金を拡充(1日8000円の上限を15000円まで引き上げ)
〇大企業から中堅中小企業への資金繰り支援のさらなる充実
〇中小・小規模事業者向け
・家賃負担を軽減する為の給付金
・感染防止措置を応援する最大150万円の補助金
〇自治体の感染対策を支援する交付金大きく充実 等

今後、青森県より緊急事態宣言解除後の新たな方針が出されると思われます。

青森県は緊急事態宣言が解除されましたので、今後青森県の三村知事より新たな方針が出されると思われます。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。