三沢版の恋活・婚活マッチングのアイディアについて

本日は、三沢版の恋活・婚活マッチングのアイディアについて書きたいと思います。

三沢市の恋活・婚活は私の政策研究のテーマの1つです。

私は自分の政策の中で「出会いの場を提供。婚姻数増加を」をという研究テーマを掲げております。

本年6月の一般質問においても、質問を行いました。
https://kubota-ryuji.com/%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%b3%aa%e5%95%8f/

さて、私は今まで、街コンイベントへの参加(スタッフ参加も含む)や、合コンや婚活パーティー言われるものや、マッチングアプリ、そして今、結婚相談所にも登録をし、一通り、恋活・婚活に関わるものを経験しました。

その経験の中で三沢版の出会いの場を提供する仕組みを模索してきました。

三沢版の出会いの場を提供する仕組みとは?

https://www.will-gocon.net/

色々なサービスを使っている中で、この前「コンパde恋プラン」というサービスを見つけました。

→これは、複数での合コンや1対1のお見合いをセッティングする仕組みで、登録後に、プランナーの方が双方と連絡を取り合い、合コン又はお見合いが実現するように調整します。実際にリアルで会う事も出来ますし、ZOOMを利用し、ビデオ通話することもできます。

私はこのサービスを使った時に、三沢市にて同様の仕組みを作りたいと思いました。

今までは、街コンのような大人数を集める形の恋活・婚活支援のみを考えていましたが、このサービスを利用した時に必ずしも、そういう形ではなくで1×1、2×2、3×3、4×4などをマッチングしていくのもいいと感じました。

LINEなどでリスト化し、希望を聞き出し、男女に一時的に同じLINEグループに入ってもらい、日程調整を行って頂き、実際に会ってもらうことなどしていきたいと思います。

その為には、必要なことは
〇色々な人をLINEに粘り強く勧誘すること
〇希望をヒアリングし、相性いい人同士を結びつけること
〇落ち込まないように、フォローすること
などが必要だと考えています。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。