三沢小学校との統合に向けた「三川目小学校統合検討委員会」の立ち上げ?

本日は三川目小学校規模適正化検討委員会にい意見集約書などについて書きたいと思います。

三川目小学校規模適正化検討委員会について

令和4年5月に三川目小学校規模適正化検討委員会が設置され、今までに4回開催されました。

その後、令和4年11月15日に、同委員会委員長から意見集約書が提出されました。意見集約書の内容は以下の通りです。

意見集約書の内容
1.三沢小学校との統合に向けた「三川目小学校統合検討委員会」を立ち上げ、統合年度、通学方法、児童館の利用、海鳴り太鼓の存続、統合後の校舎や跡地利用などの検討事項については、保護者をはじめ地域の意向が尊重されるよう検討されたい。

2.子供たちの統合に対する不満解消のために、三沢小学校児童との授業や行事等での教育活動の交流を通して、スムーズな統合が図られるよう取り組まれたい。

3.統合検討委員会を経て、教育委員会が方針を定める際には、保護者や地域住民への丁寧な説明と対話により、関係者の不安解消に努められたい。

今後について

令和5年度に「三川目小学校統合検討委員会」を立ち上げ、統合年度、通学方法、児童館の利用、海鳴り太鼓の存続、統合後の校舎や跡地活用などの検討事項について、同検討委員会での検討を踏まえていく予定となっています。(現時点の情報)

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。32歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。