2.女性/障がい者/高齢者の活躍社会を。

2.女性/障がい者/高齢者の活躍社会を。

 女性や障がい者、高齢者の方は社会的に立場が弱いと考え、仕事面や地域活動面で不遇な扱いを受ける可能性があります。
 例えば「女性は出産や育児で、時間の融通が取りにくい」、「障がい者は障がいの配慮が大変」、「高齢者は若い人に比べて、体力や認知機能が劣る傾向にある」等の理由でしごとや地域活動の面で苦労されている方が多いと考えています。

【私の政策】
社会的に立場の弱い方でも仕事や地域活動で支障がなく輝ける仕組みをつくる。

【具体的な内容】
◆短時間からでも仕事が出来る仕組みを作ります。
⇒働きたくても「子育てや障がい、年齢等」の理由から雇用されづらい方々向けに、フル雇用ではなく、短時間からでも仕事ができる仕組みを作り、市内企業の仕事や在宅業務等とのマッチングを行います。

◆子育て/障がい/高齢者配慮の啓発活動をします。
⇒子育てや障がい、高齢者特有の配慮すべき物事を市民の皆様が理解する事で、地域活動・生活や仕事面で、社会的に立場の弱い方に配慮する行動を取れるようになります。例えば、精神障がい者の方は、普通の人よりも考える思考が遅いので、会話のペースを合わせる等の特別な配慮が必要です。その為に、障がい者マークや、子育てマーク等を配布したり、市民の皆さんに啓発活動を行っていきます。

2.女性/障がい者/高齢者の活躍社会を。 」の実績・進捗

今後記載予定。