議会改革推進会議(R4.4~)

議会改革推進会議とは、議会が「三沢市議会基本条例」の目的を達成しているかどうか検証/評価を行う為の会議体です。

根拠は三沢市議会基本条例の第11章第33条・第34条をご覧頂ければと思います。
http://www.city.misawa.lg.jp/reiki_int/reiki_honbun/c008RG00000914.html#e000000434

令和4年3月に委員が交代となりました。私は引き続き、議会改革推進会議の委員となり、副委員長となりました。

↓過去の記事はこちらから↓

令和4年5月27日開催:今後の取組について

令和4年5月27日開催:今後の取組について

令和4年5月27日開催の議会改革推進会議では、『三沢市議会基本条例の検証作業に伴う三沢市議会行動計画(案)【令和4・5年度】』の内容について会議を行いました。

行動計画は以下の8項目です。

【三沢市議会行動計画案(令和4・5年度)】
1.情報公開・発信のさらなる充実化
2.政策立案・提言の強化
3.重要政策等の説明
4.政務活動費の必要性
5.ICTの積極的な活用
6.危機管理体制の構築
7.三沢市議会検証作業等実施要綱第4条(委員による検証作業等)の改正
8.第三者評価の実施

三沢市議会アドバイザーの中道さんよりアドバイスを頂きました。

行動計画案の8項目の内容や、取り組む際の優先順位などについて、委員から多くの意見を頂きました。

今後は、行動計画案の内容や優先順位、実施するスケジュールなどについて、会議を行う予定です。

↑過去の記事はこちらから↑

令和4年7月21日開催:取組内容及びスケジュールについて

令和4年7月21日開催の議会改革推進会議では、8つの項目の取組内容とその項目の実施スケジュールについて会議を行いました。

➀三沢市議会検証作業等実施要綱第4条(委員による検証作業等)の改正

取組内容の中で、「三沢市議会検証作業等実施要綱第4条(委員による検証作業等)の改正」について、冒頭、審議が行われました。

検証作業者を「全議員」とするか、「推進会議委員」のみとするかについて、意見が出され、結果として、現行のまま推進会議委員を検証作業者とすることに決まりました。

➁取組内容及びスケジュール

取組内容及びスケジュールについてですが、下記の8項目について、優先順で並び替えを行い、それぞれの項目毎に目安のスケジュールを設定しました。

【三沢市議会行動計画案(令和4・5年度)】
※()内の数字は旧項番
1.情報公開・発信のさらなる充実化(1)
  ▼令和4年7~8月:広報ターゲット・ツールの検討
  ▼令和4年9月  :議長へ報告/広報へ依頼
2.ICTの積極的な活用(5)
  ▼令和4年7月~ :タブレット活用範囲の調査・研究(随時案件)
3.危機管理体制の構築(6)
  ▼令和4年7~8月:議会災害対策本部設置訓練の検討
  ▼令和4年9月  :議長へ報告
  ▼令和4年10月 :防災訓練
  ▼令和4年11月 :検証
  ▼タブレット導入後:タブレットを活用した訓練等の検討を継続
4.政策立案・提言の強化(2)
  ▼令和4年10月~:議員間討議の実施方法の検討
  ▼令和5年4~5月:市民意見の把握方法の検討
  ▼令和5年6月  :議長へ報告/広報へ依頼
  ▼令和5年10~11月:政策討論会の実施方法の検討
  ▼令和5年12月  :議長へ報告/所管委員会へ依頼
5.三沢市議会検証作業等実施要綱第4条(委員による検証作業等)の改正(7)
  ▼令和4年11月~:実施要綱改正案の検討
6.第三者評価の実施(8)
  ▼令和4年11月~:手法・評価者等の調査・研究
  ▼令和5年10~11月:第三者評価実施要領の策定
  ▼令和5年12月~:第三者評価の実施
7.重要政策等の説明(3)
  ▼令和5年4月~ :重要政策の情報提供方法の検討
8.政務活動費の必要性(4)
  ▼令和5年4月~ :政務活動費の調査・研究

前の記事

基地対策特別委員会