9月上旬の青森県内市町村別の感染者数。

本日は、9月1日~15日までの感染状況が公表されましたので、そのことについて書きたいと思います。

9月上旬の感染確認、青森県内は27市町村

以下、Web東奥様の記事(画像)を引用させて頂きます。詳細はWeb東奥様の記事をご覧ください。

青森県は17日、今月1~15日の居住市町村別の新型コロナウイルス感染状況を公表した。県内27市町村で感染者が確認され、八戸市が201人以上で最多だった。

https://www.toonippo.co.jp/articles/-/676738
Web東奥様の記事より表を引用致しました。
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/676738

三沢市は11~50人の感染者数となっておりますので、一定の感染者が確認されている状況となっております。

三沢市の感染者数は10代~40代の方が多い?

気になることは、三沢市の感染者はどの年代の方が多いのか?という情報です。

以下、青森県の新型コロナウイルス感染症に係る公表資料を確認しました。
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/hoken/covid19-press.html

資料に目を通すと、上十三保健所管内の感染者は10代~40代の方が多いことが分かります。

ですので、三沢市の感染者についても、10代~40代の若い世代の感染者が多いのではないかと考えています。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。