青森県新型コロナウイルス感染症緊急対策に係る 三沢市の対応方針について

青森県新型コロナウイルス感染症緊急対策に係る 三沢市の対応方針について、議会事務局を通して、執行部より情報提供がありましので、共有させて頂きます。

三沢市でも県に準じた対応に取り組む。

以下、内容をそのまま記載します。

 青森県内では、これまでにないペースで新規感染症患者が増加していることから、人流の抑制、接触機会を減らす対策を、期間を区切った上で集中的かつ速やかに実施することとしております。
 その上で、市町村や民各事業者等においても県の取り組みを参考に、それぞれの実情を踏まえた対策が求められていることから、三沢市としても「青森県新型コロナウイルス感染症緊急対策パッケージ」に準じた対応(行事・イベント等の見直し、施設等の使用の見直し、学校行事・部活動中止等の検討など)に取り組むこととしました。
 
 なお、市が主催するイベントや施設等の使用に関する個別の情報につきましては、マックテレビ、ホームページ等により市民に提供いたします。
※ 期間は、県と同様に令和3年9月1日から9月30日まで

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。