青森県内でワクチン接種を希望される場合は「県営広域接種会場(モデルナ)」もご活用ください。

本日は、新型コロナウイルスワクチン県営広域接種会場設置についての情報を共有させて頂きます。

県営広域接種会場とは?

県では、武田/モデルナ社ワクチンを使用し、県民に対するワクチン接種のスピードアップと利便性の向上を目的として、広域接種会場を青森市、弘前市及び八戸市にそれぞれ1カ所設置し、ワクチンの接種を実施します。

接種対象者は以下の(1)~(3)をすべて満たす方となります。
(1)12歳以上の方※
(2)青森県在住の方
(3)他のワクチン(ファイザー社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチン)を接種していない方
※小学生、中学生の方は、原則、保護者の同伴が必要です。

接種日や接種会場、予約の方法などについては青森県のページをご覧ください。
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/hoken/covid_19-vaccine_kouikisessyu.html

おすすめの方

おすすめの方は以下の通りです。
・ワクチンがモデルナでOK。
・まだ、1回目のワクチン接種予約をしてない。
・八戸、青森、弘前の会場まで行くことができる。
・なるべく早めに接種を完了したい。

県営広域接種会場、是非活用して頂ければと思います。
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/hoken/covid_19-vaccine_kouikisessyu.html

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。