第3次補正予算案に高校生パソコン配備。来年度から

本日、第3次補正予算案が閣議決定されまして、その中で高校のパソコン配備を進める動きがありますので、そのことについて書きたいと思います。

まず、第3次補正予算案は19兆1760億円余り

政府は、本日、第3次補正予算案(追加の歳出)を決定しました。

※詳細についてはNHKの動画や記事が詳しくまとめられておりまるので、NHKの記事ページをご覧頂ければと思います。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201215/k10012765931000.html

明日以降、さらに詳細な予算内訳がメディア等により公開されると考えていますので、情報が入り次第記事にしていきたいと考えています。

来年度から低所得者世帯向けに来年度から高校生に対してパソコン配備を支援。

第3次補正予算案の中で1つピックアップして、IT系の話を書きたいと思いますが、今回の補正予算の中で、高校でも1人1台のPCを活用して学習できるように、低所得世帯の生徒を対象に端末を配備する方針を固めたとのことです。

この低所得者世帯の基準は定かではありませんが、国公私立高校が対象となり、2021年度中に整備できるよう、必要な経費を今回の第3次補正予算案に計上しています。

小中学生へのパソコン配備は当初整備計画から前倒しして、2020年度中にはほぼ完了する見込みとなっていますので、これから高校においても端末配備が進んでいくということになりそうです。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。