空き家問題解消の取り組み「0円物件」について。

本日は、空き家問題解消の取り組み「0円物件」について書きたいと思います。

増え続ける”空き家”の救世主!?「0円物件」とは?

空き家問題を解決する為に「0円物件」というサービスがあります。

これは物件を処分したい人と空き家希望者をマッチングするサービスです。

なぜ、このような仕組みが可能かと言いますと、土地を売却する際に、建物を解体する必要がありますが、土地の売却額以上に解体費用が高くなる為、0円でも良いので、引き取って欲しい方がいる為です。

どんな人が購入しているのか?という事ですが、動画内では例として、空き家を300万でリノベーションしている方が登場していました。
➡店舗を借りる場合に比べて、自由のリノベーションできるという事が魅力とのことでした。

動画内で紹介された「みんなの0円物件」のサイト
https://zero.estate/

三沢市でも空き家が沢山ありますが、解体費用が高く、そのまま放置されている状態の場所が多くありますので、そういった空き家(土地)が有効活用されていく手法として、マッチングサイトを活用する方法もあることが分かりました。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。