現時点の青森県のコロナ累計感染者数は134名。弘前では休業協力依頼や臨時休校措置。

本日は、青森県内のコロナの話題について触れたいと思います。

10月20日時点でコロナ累計感染者数は134名に。


※県HPから抜粋(https://www.pref.aomori.lg.jp/welfare/health/wuhan-novel-coronavirus2020.html)

10月17日に累計感染者数が100人を超えてから、本日までにさらに感染者数が増えて、本日時点で134人の累計感染者数となりました。

県が公開している100例目より後の感染者の内容を確認しますと、ほとんどの方が既に感染している方の濃厚接触者であり、「2次感染」として感染経路を確認できます。

しかしながら、今後は感染経路不明の方や、3次感染者、市中感染者が増えてくる可能性もありますので、今後も感染者数の推移を確認したいと思います。

弘前市ではイベント中止や臨時休校措置等。


弘前市役所HPより抜粋(http://www.city.hirosaki.aomori.jp/sangyo/syogyo/2020-1019-1917-kyuugyou.html)

弘前市では上記の通り、10月20日~10月31日までの間、休業協力の依頼を行っています。

また、弘前市教育委員会では、全市立小・中学校を10月19日から10月25日まで7日間、臨時休校にすると発表しました。

その他にも、イベントの中止決定等を決めており、他市町村にも影響が出ております。

今回のコロナに関して、青森県内でここまで感染者数が急に増える事は予想されていなかったと思います。

改めて、各自治体において、まだまだコロナ対策を当たり前に行う必要があると感じています。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。