本日、三沢市災害警戒対策本部を設置。(八戸沖の外国貨物船座礁)

本日、三沢市災害警戒対策本部が設置されたことについて書きたいと思います。

三沢市災害警戒対策本部の設置

三沢市執行部より下記の通り情報提供を受けました。

八戸沖の外国貨物船座礁に係る警戒に万全を期するため、下記のとおり三沢市災害警戒対策本部を設置したのでお知らせします。

1 設置日時 令和3年8月12日(木) 午前10時00分
2 名 称 三沢市災害警戒対策本部(本部長:市長)

詳細は以下の通りです。
令和3年8月11日(水)午前7時50分ごろ八戸港内(防波堤外側)を航行中の貨物船から「八戸港内で乗り揚げた」旨の通報が第2管区海上保安本部にあった。同日15時現在油流出がないことを確認したが、本日油漏れが有り、当該油が北西(三沢)方面に向かって流れているとの情報が八戸海上本部からあった。
三沢漁港では、既に油の匂いが確認されている模様。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。