本日、一般質問の通告書を提出しました。

本日は、一般質問の通告書を提出したことについて書きたいと思います。

通告内容について

私の一般質問の通告内容は以下の通りです。

【行政問題】
1.地域活性化起業人制度の活用について
 当市は人口約3万8千人の小都市であり、市内のリソースが限られる中で、多くの課題を解決することが求められます。地域活性化起業人制度を活用し、民間の専門人材を受け入れることで、外部のアイデアや知見等を取り入れることができると考えますが、当市における当該制度の活用について、次の2点伺います。
 (1)これまでの外部人材の活用実績について
 (2)地域活性化起業人制度活用のメリット・デメリットについて

2.市職員と外部人材の連携について
 高度化する社会の中で、市職員だけでは解決できない領域について、外部人材と上手く連携し、多くの課題を解決することが求められます。その為、外部人材活用の研修やノウハウ構築などが必要と考えますが、当市のご見解を伺います。

明日の議会運営員会の前に質問順が決まり、その後、通告内容の聞き取りが行われます。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。32歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。