地方自治体がマイナンバーカード活用で、キャッシュレス決済で使えるポイントを付与できるように

本日は政府が新年度から、マイナンバーカードを活用した、ポイントを付与できる仕組みを創設することについて書きたいと思います。

自治体版「マイナポイント」制度

※読売新聞より画像を引用(https://news.yahoo.co.jp/articles/436df894d43ce7c88366b44c4718fbe42224df4c)

以下、読売新聞の記事です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/436df894d43ce7c88366b44c4718fbe42224df4c

ITは便利な仕組みと平等な仕組みを作り出すことができると考えています。

さて、この自治体版「マイナポイント」、是非、進めて欲しいと思っています。

マイナンバーカードを持つきっかけや、キャッシュレスを使うきっかけにもなると思っています。

また、プレミアム付き商品券は現在、紙で配っていますが、一部の方にしか渡っていないようように感じていますので、この制度を利用して、全員に一律に配るようにすることも可能になるのではと考えています。

ITは便利な社会をつくるのと同時に、ルールに従って平等な仕組みを作り出すこともできると考えています。

本日は以上です。

 

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。