地方への移住について

 こんにちは。インターン生の鎌田です。

 県外で生活をしていた際に、青森県出身であることを話すと、「青森っていいところだよね!」と、よく声をかけてもらいました。青森県出身の私も知らなかった青森の魅力を、県外の方に教えてもらうことがあり、自分が生まれ育った地元について、改めて考えさせられました。

 コロナ禍によるリモートワークの普及など、生活様式の変化によって、生まれ育った地元地方への関心が高まっています。首都圏や県外で生活されている方々の中にも、Uターン・移住を考えているという方がいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、三沢市への移住について調べてみました。

三沢市について

アクセス
三沢市は、街中から10分程の場所に三沢空港があり、各方面へのアクセスが便利です。

レジャー
ゴルフ場やスキー場が車で1時間以内の場所にあるなど、スポーツやレジャーを楽しむことができます。市街地から15分程の場所には小川原湖があり、水遊びやカヤック、ジェットスキーを楽しめるほか、そばにはキャンプ場もあります。東に広がる太平洋では、サーフィンと釣りが盛んです。

食べ物
冷涼な気候を利用して、長いも、ゴボウなどの根菜類やニンニクが作られています。この気候は畜産にも最適で、三沢産の豚肉は銀座の有名レストランでも提供されているそうです。イカやヒラメ、ホッキ貝など、三沢漁港や近隣の港に水揚げされる新鮮な魚介類も豊富です。

気候・自然
北国にもかかわらず雪が少なく、冬でも晴れの日が多い気候です。ラムサール条約に登録された仏沼や、小川原湖とその周辺の湖沼では、バードウォッチングや自然観察を楽しむことができます。

移住への支援

移住を希望する方々に向けて、三沢市では様々な取り組みをしているようです。

三沢市住宅取得支援事業助成金
三沢市に住宅を取得(新築または購入)し、移住・定住を考えている方に対して、予算の範囲内(令和4年度予算額1億3,000万円)で取得経費の一部を助成

東京圏から移住した方に最大100万円を支給
東京圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)から三沢市に移住し、県内中小企業などに就業した方等を対象に最大100万円を支給

三沢市移住促進プロジェクト
・子育て支援(定期的な相談窓口の設置・子供の医療費の無料化《15歳まで》など)
・国際教育(国際化に対応した幼児教育・米国大学への留学《三沢基地内大学》など)
・仕事支援(起業支援制度・市内企業と連携した就職相談・ハローワークと連携した人材育成など)
・移住支援(移住コンシェルジュによるサポート・移住相談セミナー等の実施など)

まとめ

 三沢市への移住について調べていくうちに、魅力満載の三沢市での生活を想像することができ、とても楽しい気持ちになりました。皆さんもぜひ三沢市への移住をご検討されてみてはいかがでしょうか。

参照・引用させていただいたサイト様(敬称略)
三沢市移住サイト
https://misawa-iju.com

投稿者プロフィール

鎌田
鎌田
インターン生。青森県青森市出身。結婚・出産後、夫の転勤で他県に移り、転勤先での育児を経験。2020年に青森市に帰省、現在も在住。独学で英語の学び直し中。