地域情報化アドバイザー派遣制度について

本日は地域情報化アドバイザー派遣制度について書きたいと思います。

地域情報化アドバイザー派遣制度とは?

【地域情報化アドバイザー派遣制度】
情報通信技術(ICT)やデータ活用を通じた地域課題解決に精通した専門家に「地域情報化アドバイザー」を委嘱し、地方公共団体等からの求めに応じて派遣する制度です。

https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/manager.html

※現地派遣又はオンラインによる支援となり、申請団体の負担がなく利用することができます。

支援領域は?

支援を受けられる領域は、上記の項目の通りで、色々な分野でアドバイザーを派遣してもらうことが可能です。

自治体・関係団体の教育/勉強会などに利用できるのではないでしょうか。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。32歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。