十和田市議会で議員定数の検討・調査がスタートしました。

本日は十和田市議会にて、議員定数の検討・調査がスタートしたことについて書きたいと思います。

市議会議員定数調査特別委員会を設置。

十和田市議会で、人口減少に伴い、市議会議員定数が現状でよいか検討することを目的とした特別委員会を令和3年12月15日に設置しました。

また、議員定数に関して、市民の皆様からの意見を募集する為に、「意見募集提出フォーム」をHP上で公開しています。
→こちら、本日から受付開始となりました。

※ちなみに、十和田市電子申請・届出システムを活用しています。

現在の十和田市議会の議員定数は22です。

現在、十和田市では22名の議員さんが活動されています。

前回の十和田市議会議員選挙では、議員定数22に対して、23名の方が立候補されました。
https://go2senkyo.com/local/senkyo/17870

議員定数に対して、立候補者が少なくなってくると無投票になり、4年に1回の民意を反映する選挙が必要なくなる場合もあります。

また、人口規模に応じた、議会費に抑えることも求められますので、議員定数減により、議会のコストを削減ことができます。

十和田市議会に注目していきたいと思います。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。32歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。