六ヶ所村議会、議員定数削減案を3月定例会に提出。

本日は、六ヶ所村議会が議員定数削減案を3月定例会に提案することについて書きたいと思います。

六ヶ所村議会、議員定数削減案を3月定例会に提案へ 2減の16に

以下、デーリー東北様の記事より引用させて頂きます。

六ヶ所村議会は22日、現行18の議員定数を16に削減する条例改正案を、25日開会の3月定例会に提出する方針を明らかにした。可決されれば、次回村議選から適用となる。22日の議会運営委員会で、定例会最終日の3月10に議員発議として提案する…

https://www.daily-tohoku.news/archives/57010

六ヶ所村議会は前回の選挙で無投票で議員が選ばれていました。

http://www.rokkasho.jp/index.cfm/14,10171,31,190,html

前回の平成31年4月21日執行の六ヶ所村議会議員一般選挙は定数18名のところに、立候補された方18名となり、無投票で議員が決定しました。

元々議員定数が人口で比較した際に、他の市町村よりも多い事や前回の選挙が無投票になったことにより、議員定数が削減される方向に進んだ可能性があります。

これは余談ですが、私が話を聞いた方の中に「あの六ヶ所村の議会選挙が無投票とはねーあの六ヶ所村が」と言ってる方がいました。

三沢市議会の議員定数等について。

さて、今回のニュースは六ヶ所村議会でしたが、三沢市議会の議員定数が現在どうなっているのか?と言いますと、定数は18名となっています。

三沢市議会の議員定数は「三沢市議会議員定数条例」によって定められています。
http://www.city.misawa.lg.jp/reiki_int/reiki_honbun/c008RG00000614.html

条例で定められていますので、議員定数を改める場合には「条例の改定」が必要となり、議会での可決が必要となります。

現状、三沢市議会では定数割れは起きていませんが、今後、三沢市議会でも議員定数が減っていくものと考えています。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。