令和2年12月1日より、発熱等の症状がある場合の受診方法が変わるとの事です。

三沢市から「発熱など症状がある場合の受診方法が変わります」とお知らせがありましたので、そのことについて書きたいと思います。

令和2年12月1日からの発熱等の症状がある場合の受診方法

☆かかりつけ医がいる方
〇STEP1:まずはかかりつけ医等に電話相談
〇STEP2:かかりつけ医等、相談先の医療機関が
対応可能の場合⇒指定された時間に受診
対応不可の場合⇒他の診療・検査医療機関を案内

☆かかりつけ医がいない場合
県コールセンター(新型コロナウイルス感染症コールセンター)
 電話0120-123-801 フリーダイヤル、24時間受付(土日・祝日含む)

詳細は三沢市HPをご覧頂ければと思います。

今後はインフルエンザとコロナウイルスの見分けが難しくなります。

これから、冬の季節になりますと、インフルエンザにかかる方が増加しますが、インフルエンザとコロナウイルスの症状は似ている部分もある為、見分けるのがとても難しいと思います。

ですので、
〇インフルエンザになるべくかからないように予防ワクチンを接種する
〇発熱が認められた場合は、だたの風邪だから大丈夫だろうと過信せずに、上記の受診方法に従い、行動する

等の対策を行っていけば、コロナの感染拡大を防ぐことができると考えています。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。