令和3年第1回定例会一般質問【2日目】の内容を一部紹介します。

本日、令和3年第1回定例会一般質問の2日目が行われ、2名の議員が一般質問を行いました。
自分なりにその内容を一部紹介させて頂きます。

詳細な内容は後日発行される議会だよりや定例会の議事録をご覧頂ければと思います。

令和3年第1回定例会の一般質問【2日目】を一部紹介。

以下で2名の議員の一般質問の一部を紹介いたします。

奥本議員(1番目)

1.基地問題について

 【質問】
226キロの模擬弾を六ヶ所村の民有地に落下させた重大事故について市長の見解を伺う。

【回答】
非常に残念で、あってはならない事である。今後、米軍に対し、機会あるごとに、安全管理対策等を訴えていく。

2.コロナ感染症支援対策について

 【質問】
市独自事業の第二弾、経済対策支援助成金事業を実施すべきと思うが、三沢市の見解を伺う。

【回答】
3月3日に要望を頂いており、関係部署で調整をし、早急に検討していく。

舩見議員(2番目)

1.ICT/オンライン化について

 【質問】
今年度設置された三沢市ICT推進プロジェクトの進捗状況について伺う。

【回答】
昨年6月にプロジェクトチームを設置し、作業部会として、「業務効率化システム部会」、「ネットワークアプリケーション部会」、「個人情報系事務部会」、「WEBサービス利活用部会」の4つの部会を立ち上げた。
既に導入に着手しているものとして、リモートワークシステムやテレビ会議システムがある。
現在、各種システムへのAIやモバイル決済の導入などを検討しているところである。

2.水道事業について

 【質問】
水道本管の総延長、及び早急に改修が必要な老朽管延長について伺う。また、耐震性の低い「石綿セメント管」や老朽化の著しい「鋳鉄管」の回収の見通しについて伺う。

【回答】
水道本管の総延長は295.5キロメートル、老朽管(40年以上経過)は87.7キロメートルである。石綿セメント管は4.7キロメートルで令和4年度までに改修する。鋳鉄管は8.2キロメートルであり、年1キロずつ改修し、令和9年度までに改修を行う見通しである。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。