三沢市みーばすが10月末までハロウィーン仕様に。

本日は、市コミュニティバスのみーばすが10月末まで、お化けステッカーが車体に貼られた、ハロウィーン仕様になっていることについて書きたいと思います。

三沢「みーばす」がハロウィーン仕様に

デーリー東北様より画像を引用させていただきました。

以下、デーリー東北様の記事より引用いたします。

三沢市内を走る市コミュニティーバス(愛称・みーばす)がハロウィーン仕様に生まれ変わった。市内の保育園、こども園の園児特製のお化けステッカーが車体に貼られ、かわいらしい外観に。

https://www.daily-tohoku.news/archives/81035

今月6日から運行が開始されており、10月末まで市街地を走るとのことです。

ビードル号デザインのラッピングバスの運行も。

三沢市では、上記のハロウィーン仕様以外に、ビードル号デザインのラッピングバスの運行もスタートしています。

車体側面のQRコードを読み取ると、無着陸横断飛行の歩みや90周年事業の取り組みが分かるウェブサイトに移動できるとのことです。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。