三沢市で歩道にテラス席(新しい生活様式)

新型コロナウイルスの影響が心配な今日この頃。なかなか思うように外出できなく、どこかで外食するのもちょっと躊躇してしまうと思います。

そんな中、三沢市の三沢基地正面ゲート近くにある壱番街商店会では、今月の3日から商店街を盛り上げるためのとある取り組みを始めました。

それは歩道にテラス席を設けるというものです。

今回の記事では、そんな壱番街商店街の取り組みについて解説していきます。

具体的な取り組み内容は?

読売新聞より

壱番街商店街にテラス席が設置されるのは午前10時~午後10時30分の間です。通常は祭りなどのイベントで歩道を利用する場合には、利用料を払わなければなりません。ただ、現在は国の新型コロナウイルス関連の支援の一環として、その利用料を免除しています。今回は、その制度を利用して三沢基地正面ゲート前の交差点から市役所前交差点までテラス席を設置する許可を受けました。

この商店街の取り組みは青森県内では初めてということもあり注目を集めています。NHKをはじめ、県内のテレビ局で紹介されました。

どんな店舗が利用できるの?

壱番街商店街には飲食店など約40店舗が立ち並んでいますが、そのうち13店舗が参加を表明しています。取り組みが始まった3日には早速4店舗がさっそく歩道にテラス席を設けていたようです。

ここで、実際に営業を行っていた店舗の様子を少し紹介したいと思います。

・CROSS ROADカフェ

坂本亘さんの運営する「CROSS ROADカフェ」はBAR NITROUS(ナイトロウズ)を日中借りて、地域の交流スペースとして活用されています。アイスコーヒーやノンアルコールドリンクなどをテラス席で楽しむことができます。

毎週金、土曜日にはサンドイッチ販売dayも設けているとのことです。

・Momo’s Izakaya 福―Huku―

「Momo’s Izakaya 福―Huku―」もテラス席が設置された店舗の一つです。三沢市の旬の食材を生かした料理や、ワイン、地酒などが楽しめる居酒屋です。テラス席が設置されるランチタイムには、冷やし中華やトムヤムラーメンなどのランチメニューも楽しめるようです。店主の長堀ももさんは、ミュージシャンとして活動している方でもあります。

終わりに

飲食店のほかにも、写真店やガソリンスタンドといった施設も待ち合い所として利用できるスペースを提供する予定だそうです。

また、今後も月に一度参加店舗を募る予定ですので、今後も様々な店舗が活動に加わることと思います。是非皆さんもテラス席へ出かけてみてはいかがでしょうか。

この取り組みが、新型コロナ対策のみならず、商店街が活性化するきっかけとなるとよいと考えています。
今年は三沢祭り等は中止となってしましましたが、8月にはMisawa Summer Breeze’20も開催されるようですので、そちらもあわせてお楽しみいただくもの良いと思います。

〇情報引用元〇

gooニュース
https://news.goo.ne.jp/article/toon/region/toon-20200703203859.html

MOMO VOICE
https://www.momovoice.com/app/flex/blog/preview/113286118?fbclid=IwAR351QAing3GyLzFOhMTQMTiVAYXlYctzzqXKnt7RlRBiDrQnJ6j1FiNXyo

Momo’s Izakaya 福―Huku―
https://www.misawa-huku.com/

CROSS ROADかふぇ
https://www.facebook.com/pg/misawacrossroadaomori/about/?ref=page_internal

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。