三沢市が集団接種を平日夜間に拡大。

本日は三沢市が集団接種を平日夜間に拡大などについて、共有いたします。

集団接種を平日夜間に拡大 7月下旬から 全対象者年内完了へ/三沢

以下、Web東奥様のニュースを引用致します。

青森県三沢市は10日、新型コロナウイルスワクチン接種を加速させるため、土・日曜の日中に市国際交流スポーツセンターで実施している集団接種を、7月下旬から平日の夜間にも拡大すると発表した。現在は65歳以上の接種を進めているが、7月中旬に基礎疾患のある人や教員、幼稚園教諭と保育士、8月に12~64歳への接種をスタート。希望する全対象者への接種を約2カ月前倒しで年内に完了できる見込みという。

https://www.toonippo.co.jp/articles/-/547171

こちらは三沢市役所で小桧山市長と市立三沢病院の伊藤事業管理者が会見して、説明した内容です。

私も、6月10日に市長及び関係部署の方から、同じ内容を説明して頂きました。

ただ、これはあくまでも予定との事でした。
⇒国からのワクチン配布が予定通り行われない可能性などがあります。

今後、65歳未満の一般の方へのワクチン接種券の郵送も始まります。今後三沢市から発信される情報を確認して頂ければと思います。

三沢市の6月9日時点での65歳以上の方の接種状況

三沢市の6月9日時点での65歳以上の接種状況は以下の通りです。

【65歳以上の高齢者のワクチン接種予約率】
・対象:約1万800人
・予約者:約9,000人
・予約率:約83%

【65歳以上の高齢者のワクチン接種率】
・1回目接種終了:約42.4%
・2回目接種終了:約12.4%

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。