三沢市「アメリカンデー」を10月に延期。

本日は、三沢市で毎年開催される「アメリカンデー」が10月に延期することについて書きたいと思います。

三沢「アメリカンデー」10月に延期。

以下、デーリー東北様のニュースを引用いたします。

三沢市の日米交流イベント「三沢アメリカンデー」(市主催、米軍三沢基地共催)の実行委員会は13日、今年6月に予定していた第33回三沢アメリカンデーを、同10月に延期すると明らかにした。新型コロナウイルス感染症の収束が見込めないため。

https://www.daily-tohoku.news/archives/56261

実行委員会が明らかにしたとのことですので、確かな情報であると思います。

今年の三沢市の屋外イベントの開催の行方

さて、今年の三沢市の屋外イベントの開催の行方ですが、今後のコロナ感染状況から判断することとなります。

国や青森県、県内の他自治体のイベントの開催状況を検討

今年の夏に東京オリンピックを控えていますし、青森県や他自治体でも、例年行っている多数の屋外イベントがあります。

これらの開催状況を検討して、最終的には三沢市として開催するか検討すると思われます。

おそらく、このような案件は市長まで上がっていると思いますので、小檜山市長のリーダーシップが必要になると考えいます。

適切な感染対策を行った上でのイベント開催

私の予測ですが、今年は小規模でも、市主催の屋外イベントが開催されていくのではないか?と考えています。

ただ、コロナを完全に封じ込める社会になるまでは、以前のようなやり方で屋外イベントを開催はできず、適切な感染対策が必要になると考えています。

地域の実情に合わせて、イベント開催時の人の密度の管理やルートの管理、参加者の管理等、様々な観点からの対策が必要になるのではと考えています。

本日は以上です。

 

 

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。