三沢堀口地区に「イオンタウン」構想浮上

本日は、三沢堀口地区の開発についての情報を共有したいと思います。

三沢堀口地区に「イオンタウン」構想浮上

以下、Web東奥日報様の記事を引用いたします。

青森県三沢市が民間主導による開発を推進する市中心街東側の堀口(通称・焼山)地区で、農用地から宅地への転用が実現した場合を念頭に、イオンタウン(本社千葉市)による商業施設の立地構想が浮上していることが11日、関係者への取材で分かった。約7ヘクタールの敷地に、ホームセンターやスーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店などの出店と、千台以上の駐車場整備が想定されている。

https://www.toonippo.co.jp/articles/-/872065

場所については、Web東奥様のページ内の地図をご覧頂ければと思います。

yahooニュースでも取り上げられていますので、こちらもご確認頂ければと思います。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4ddbff0b9cc333e82d02b89edfccbd5dfcbc921

私は昨年の6月に「三沢市長が堀口地区の開発を推進する方針。」という記事を書きましたが、その後、具体的な構想が進んでいるようです。

『三沢市の堀口地区の構想について、イオンタウンの広報担当者は「現時点でコメントできることはない」としている。』と書かれていた為、現時点でこの記事以上の事は不明であります。

新しい情報が分かりましたら、皆さんに情報を共有させて頂きます。

今後の堀口地区の開発に注目していきたいと思います。

本日は、以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。32歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。