むつ市とシンガポール連携事業について紹介

本日は「むつ市とシンガポール連携事業」の取り組みについて紹介します。

むつ市とシンガポール連携事業とは?

むつ下北未来創造協議会様 FBページより画像を引用

「むつ市とシンガポール連携事業」は、むつ下北未来創造協議会がむつ市との共催で実施し、むつ下北地域の産業のグローバル化と担い手育成を目的としています。
⇒詳細はこちらのページをご覧頂ければと思います。

実際に実施する内容は?

実際に実施する内容は以下の通りです。

1.輸出部門 ~テストマーケティング・チャレンジ~
⇒むつ下北の地場産品をシンガポールのマーケットに輸出し、目標売上を達成せよ

2.インバウンド部門 ~オンラインツアー・チャレンジ~
⇒むつ下北を舞台にシンガポールマーケットのニーズをとらえたオンラインツアーを構築せよ

3.ブランディング部門 ~インスタグラム・チャレンジ~
⇒プロモーションのための専用アカウントを運用し、シンガポールでむつ下北をバズらせろ

※基本、オンラインをメインに実施するとの事です。

こちらの活動でどのような成果がでるか、これからの活動に注目していきたいと思います。

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。