【情報公開】私の選挙戦の公費負担額及び報酬を支給する者の届書等について

今回の選挙戦に関するお金・費用関係について、以下の通り、情報公開させて頂きます。

私の選挙戦の公費負担額

まず、今回の三沢市議会議員選挙では以下に対して、公費負担があります。(税金からの負担)

・選挙カー:1日13,390円×7日=93,730円
・選挙カーを使う場合の運転手の日当:1日10,000円×7日=70,000円
・選挙カーを使う場合のガソリン代:1ℓ129円(実費精算)
・選挙ポスター(246枚分):219,432円
・選挙ビラ(4000枚分):30,040円
ですので目安ですが、候補者1人あたり約41万~45万の公費負担があります。

実際に私の公費負担額(税金からの負担)

私は選挙カーを使っていません。

私は今回、選挙カーを使っていません。
ですので、選挙カー関係の費用は一切発生しません。

選挙ポスターと選挙ビラだけ公費負担となっており、合計で249,472円のお金を税金から負担して頂きました。

報酬を支給する者の届書

公職選挙法第197条の2第2項の規定により、報酬を支給する者を届出する必要があります。

三沢市議会議員選挙では、選挙事務員や労務員、ウグイス嬢に対して報酬を支払うことができます。

私の陣営は報酬を支給する者はいません。少数精鋭のボランティアスタッフで活動しています。

私の選挙事務員、労務員、ウグイス嬢に対しての支出は0円です。

選挙の収支報告

選挙ではすべての収入や支出に関しまして報告する必要があります。
⇒私はネット上で選挙戦の収支報告について情報公開します。

収入の部
自己資金(その他の収入)※寄付はありません。

支出の部
・選挙事務所借上:30,000円
・選挙事務所の水道光熱費等:10,000円程度(実費)
・選挙事務所看板類一式:22,000円
・拡声機一式:54,500円
・その他消耗品:5000円程度
支出計:約121,500円(実費精算の項目があるので確定ではありません)

まとめ(クリーンな選挙を目指しています)

私は新しい選挙のやり方としてクリーンな選挙を目指しています。
しっかりと情報公開をし、そして、癒着になる可能性がある、「人」への報酬は1円も支出していません。

今回の選挙戦で費用合計
〇公費負担額:249,472円
〇自己負担額:約121,500円
合計:約370,972円
※実費精算の項目がある為、金額に「約」がついています。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問合せください。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。