【世界文化遺産登録なるか?】北海道・北東北の縄文遺跡群について

今回は政治とは少し別なテーマで、「世界文化遺産登録」の話を記事にしたいと思います。

その中でも青森県を含む「北海道・北東北」にスポットをあてて書きたいと思います。

2021年の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」。登録を目指す北海道、北東北3県(青森県・岩手県・秋田県)は、世界遺産「白神山地」、「平泉」などがあり、自然と文化が豊かな地域です。今回は「北海道・北東北の縄文遺跡群」について記事解説します。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」とは

https://jomon-japan.jp/kids/map/

そもそも「北海道・北東北の縄文遺跡群」とは何か?どのエリアを指すのか?以下説明です。

北海道・北東北の縄文遺跡群とは?
➡津軽海峡を挟んだ日本列島の北海道・北東北に位置し、縄文時代の各時期(草創期、早期、前期、中期、後期、晩期)における、人々の生活跡の実態を示す遺跡(集落跡、貝塚、低湿地遺跡)や、祭祀や精神的活動の実態を示す記念物(環状列石、周堤墓)で構成された17遺跡からなる考古学的遺跡群です。

代表的な縄文遺跡群は、青森県青森市にある「特別史跡三内丸山遺跡」です。日本最大級の縄文集落跡となります。他には、秋田県鹿角市にある「大湯環状列石」も特別史跡に指定されています。

世界文化遺産登録のこれまでの歩み

 世界文化遺産登録は、北海道・北東北の18自治体により提案されています。2006(平成18)年に、青森県4自治体が「青森県の縄文遺跡群」、秋田県2自治体が、「ストーンサークル」の提案書を提出したことが取り組みの開始の経緯です。
 2007年に北海道・北東北知事サミットにおいて、4道県の共同提案について正式合意。名称を「北海道・北東北の縄文遺跡群」に決定して、4道県知事が提案書を文化庁長官へ提出しました。毎年、世界遺産登録推薦書素案を文化庁へ提出を続けました。

2018年に、文化審議会世界文化遺産部会において、「北海道・北東北の縄文遺跡群」を世界文化遺産推薦候補に選定しました。現在は2021年の登録を目指しています。

世界文化遺産登録に向けての取り組み

東奥日報様より抜粋

「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録に向けて、各自治体は取り組みも行っています。直近の2020年7月からは、青森県がインターネット上で「グーグルマイマップ」で紹介、「青森縄文ツーリズムマップ」を作成しました。県内8遺跡と遺跡周辺の観光スポットを紹介しています。

新幹線駅・空港に近く周辺観光スポットも多い

縄文遺跡群は、北海道・北東北の4道県という広域ですが、首都圏・南関東を結ぶ「東北・北海道新幹線」の各駅や、空港に近い縄文遺跡群もあります。

特別史跡に指定されている「三内丸山遺跡」は、新青森駅からバスでアクセスする事ができます。自然豊かな奥入瀬渓流・十和田湖にも乗り換えなしで行くこともできます。また、秋田県北秋田市の「伊勢堂岱遺跡」は、大館能代空港から車で5分ほどの所要時間です。

秋田内陸縦貫鉄道の小ケ田駅徒歩5分ほどで、乗り換えなしで「みちのく小京都」と呼ばれる角館へも行くことができます。またJR奥羽本線鷹ノ巣駅へもアクセスしやすく、「弘前さくらまつり」で有名な弘前市にも電車で乗り換えなしで行くことができます。

まとめ 

「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、2006年から長期にわたり、北海道・北東北の自治体が、世界遺産へ登録に向けて活動を続けてきました。2021年に念願がかなう可能性があります。周辺には、自然豊かな観光スポットやリフレッシュできる温泉も多いエリアです

世界文化遺産に登録され、観光の活性化につながる事が期待されます。

参考記事
https://jomon-japan.jp/overview/1-2/
https://jomon-japan.jp/jomon-sites/#3-02
https://mb.jorudan.co.jp/os/bus/0401/line/21931.html
https://jomon-japan.jp/wp-content/uploads/2013/07/jyomon-kanleaflet.pdf
https://www.akitafan.com/archive/tourism/506

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。