「どうみん割」対象に青森在住者も 期限は3月まで延長

本日は、来年1月4日から、青森県民が北海道内を割引で旅行できる「どうみん割」の対象になることについて書きたいと思います。

「どうみん割」対象に青森在住者も 期限は3月まで延長

以下、日本経済新聞のニュースを引用いたします。

北海道の鈴木直道知事は14日開いた道議会予算特別委員会で、これまで北海道在住者に限定してきた観光振興策「どうみん割」の対象を青森県在住者に拡大する方針を明らかにした。12月29日までとしてきた期限には2022年1月4日~3月11日も追加する。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFC145X20U1A211C2000000/

期間中は、青森県民が「どうみん割」を、道民が「青森県おでかけキャンペーン」を相互に利用できるようになるとのことです。

どうみん割の情報はこちら

https://douminwari.jp/

どうみん割は北海道旅行が、最大で5,000円割引+2,000円のクーポンが貰えます。

詳細は以下のサイトをご覧ください。
https://douminwari.jp/

本日は以上です。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。32歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。