「あおもりオベーション」について

最近、テレビや街中のポスターなどで「あおもりオベーション」という言葉を見聞きすることが増えてきました。しかし「何のこと?」と疑問に思っている方も多いと思います。ここでは、「あおもりオベーション」についてわかりやすくご説明したいと思います。

あおもりを守ろう!コロナウイルス拡大防止プロジェクト「あおもりオベーション」

全国的に新型コロナウイルスの感染が広がり、感染防止についての知識を得ることが急務となってきています。

そんな中「青森県として何かできないだろうか?」と、5月14日に県を挙げて立ち上げられたのがこのプロジェクト「あおもりオベーション」です。

「あおもりオベーション」とは何なのか?具体的に説明しますと、「感染防止に関する正しい知識の普及、感染者やその家族への配慮、医療従事者など最前線で働く方々への感謝などの気運を盛り上げていくため」に取り組むプロジェクトです。

「オベーション」には「拍手」という意味があります。コロナウイルス流行後、生活の変化により、ストレスが溜まる事もありますが、そんな生活の中でも、「日々冷静に行動している自分自身や、周りの方々をたたえ、拍手を送りましょう」というプロジェクトです。

「あおもりオベーション」の公式サイトはこちらです。
https://aomoriovation.jp/

感染拡大防止のために私たちにできること

「あおもりオベーション」では、県民の皆様に「離れるやさしさ~あなたへのおもいやり~」を合言葉に、感染拡大防止を呼びかけています。今の時期は「人と一定の距離を保つ」ことが相手に対しての思いやりであり、やさしさとなります。面倒だと思われるかもしれませんが。「身近な人を守るため」と思えば、簡単にできるものであると考えています。

「夢はここから生放送 ハッピィ」とのコラボ企画「Aomori Ovation」

ABA青森朝日放送様から抜粋

ABA青森朝日放送「夢はここから生放送 ハッピィ」とのコラボ企画「Aomori Ovation」が5月16日からスタートしています。高橋優さんの「明日はきっといい日になる」の楽曲にのせ、さまざまな県民の皆さんが、コロナウイルスの感染が広がる中頑張っているすべての人たちに、歌と拍手で「エールを送る」企画となっています。

初回5月16日には、三村知事が登場し、県民の皆さんにメッセージを発信しました。

まさに「オベーション=拍手」というタイトルにふさわしい、心温まる企画となっていますので、ぜひ一度ご覧ください。

「夢はここから生放送 ハッピィ」の公式サイトはこちらです。
https://www.aba-net.com/happy/

「あおもりオベーション」のロゴマークと店舗・事業所用掲示ポスター

ロゴマーク

青森県では、県民の皆様にご活用いただけるよう、「あおもりオベーション」のロゴマークとバナーと店舗・事業所用掲示ポスターを作成しています。「あおもりオベーション」公式サイトからダウンロードできます。
https://aomoriovation.jp/

「あおもりオベーション」ロゴマークは、どなたでもお使いいただけます。

商用目的での使用は届け出が必要です。下記URLから所定の様式をダウンロードして、事前の届け出をお願いします。
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kikaku/chikatsu/aomoriovation.html

「あおもりオベーション」の店舗・事業所用掲示ポスターには、そのまま掲示できるものと、店舗ごとの感染症対策の取り組みなど掲載できるものの2種類があります。このポスターを掲示することによって、来店するお客様に安心感を与え、感染対策に真剣に取り組んでいることをアピールすることができます。是非、ご活用して頂ければと思います。

おわりに

なかなか終わりが見えないコロナウイルスにストレスが溜まってしまう事もあるかと思いますが、「周りの人への感謝、優しさ」に満ち溢れた感染拡大防止策を提案する「あおもりオベーション」をお時間のあるときにチェックして頂ければ幸いです。

投稿者プロフィール

久保田隆二
久保田隆二
三沢市議会議員(1期目)。30歳。1989年(平成元年)生まれ。
古間木小学校⇒第五中学校⇒三沢商業高校(情報処理)⇒八戸工科学院(制御システム工学)を卒業後、六ヶ所村の日本原燃(株)で約5年間勤務、その後、社会課題解決に興味を持ち、東京のIT関連会社で約2年勤務し、2019年に三沢市へ帰省。
2020年3月に三沢市議選挙で初当選し、市議会議員として活動中。