市議会の定例会は年に4回実施されます。そしてその中で一般質問を行う事が出来ますが、私は任期4年の間、一般質問を複数回実施したいと思います。

一般質問とは?
市政運営の内容について議員が執行部に対し、質問する事が出来ます。より良い市政運営に繋がるような一般質問を実施できればと考えています。

↓過去の記事はこちらから↓

令和2年度第2回:データ活用について

令和2年第2回市議会一般質問内容:市政運営のデータ活用について(行政問題)

6月1日に、令和2年6月に開かれる第2回定例会に対しての一般質問の通告の書類を議会事務局に提出致しました。

※市議会では一般質問をする際には、事前に質問する内容を通告する必要があります。

一般質問通告書

↓実際の一般質問の通告書は以下からダウンロード出来ます。↓

「どんな質問をしたかったのか?」といいますと、ざっくりと、以下のような事です。

最近、データの重要性が高まっているが、
➀アンケートをデータにして上手く活用してるの?
➁目標を決めて、数値管理してるの?また、それを公表してるの?
➂データ系の教育やってるの?

という事です。

実際の答弁

※写真はありません。

↓実際に一般質問で話した原稿です。ダウンロード出来ます。↓

どんなやりとりが発生したかを簡単に説明致します。

実際の答弁内容要約
➀アンケートをデータにして上手く活用してるの?
⇒三沢市の各種計画は、市民アンケート調査を行って、市民ニーズを把握したり、パブリックコメント(市民に広く意見を求める制度)を実施、また各団体の代表者や市議会議員からも意見を貰って、作っている。(小檜山市長)

➁目標を決めて、数値管理してるの?また、それを公表しているの?
⇒三沢市では目標値/基準値が設定されている計画がある。一例としては「第二次三沢市総合振興計画」(三沢市で一番大枠の計画)の場合には、毎年度、進捗管理をし、「PDCAサイクル」を回し、改善が必要な物は改善を図ることにしている、また「第二次三沢市総合振興計画」の進捗状況は達成度をグラフ化し、市のHPで公表している。(佐々木政策部長)

➂データ系の教育やってるの?

⇒東北経済産業局が実施する、地域経済分析システムの基本操作及び分析手法等を習得する出前講座を実施する方向で調整している。(田面木総務部長)

実際の答弁はもっと長いですが、ここでは割愛致します。後ほど議事録が作成されますので、興味がある方は市議会HPから定例会の議事録をご確認頂ければと思います。

再質問をしました。ICT研究チームが本格的に動くとの事です。

市議会の一般質問では再質問と再々質問ができます。1つの項目について2回質問が可能です。

私は再質問で、ネットを使用したり、システムを活用した方が良いのでは?等の再質問をしました。その際に佐々木政策部長から、ICTの研究チームを作るとの話がありました。

これは元々小檜山市長のマニフェスト「ICTタウンの推進」に記載されている事で

「ICT推進プロジェクトチーム」を設置し調査研究を進めます。

という公約を実現する形となります。

小檜山市長HPより抜粋

役所の方に聞いたら、既に人選が始まっており、これから本格的に始動していくとの事でしたので、今後の取り組みに期待したいと思います。

おわりに

今回初めての一般質問で、慣れない部分もありましたが、なんとか無事に終える事ができました。

まずは、慣れる為の一般質問という事で、ふんわりした抽象度の高い質問となりましたが、次回からは、より具体的な一般質問を行っていきたいと考えています。

↑過去の記事はこちらから↑

令和2年第3回市議会一般質問内容:動画の活用について(行政問題)

8月31日に、令和2年9月に開かれる第3回定例会に対しての一般質問の通告の書類を議会事務局に提出致しました。

※市議会では一般質問をする際には、事前に質問する内容を通告する必要があります。

一般質問通告内容について

一般質問の通告内容は以下の通りです。

【通告内容】
テーマ:動画の活用について
 市では、現在ICT推進プロジェクトチームを立ち上げ、ICTに係る調査・研究を進めていることと思いますが、ICT推進に関連し、「動画の活用」について、三沢市の方針を次の通り質問致します。
 ➀MCTV(三沢市ケーブルテレビジョン自主放送)の目的や必要性等について
 ➁ネットdeマックTV・facebook動画・YouTube活用について
 ➂動画を活用した行政情報のPRや市民教育について

「どんな質問をしたいのか?」といいますと、ざっくりと、以下のような事です。

ICTを推進するにあたり、動画の活用する必要がある考えるが、
➀令和の新しい時代のマックテレビの役割ってなに?
➁ネットdeマックTVやYouTube等のインターネットで動画発信に取り組んでるの?
➂市民の皆さまに伝える情報を文章だけでなく、動画を利用する事に取り組んでるの?

という事です。

実際の答弁

↓実際に一般質問で話した原稿です。ダウンロード出来ます。↓

以下で1つずつ一般質問とその答弁内容を簡単に紹介します。

MCTV(三沢市ケーブルテレビジョン自主放送)の目的や必要性等について

広報みさわに記載されているマックテレビのチャンネルガイド

【私の➀の一般質問の趣旨】
市民の皆さまの「情報収集へのニーズ」や「番組/コンテンツへのニーズ」が多様化する令和の新しい時代において、改めて、マックテレビの目的や必要性等について、三沢市の見解をお伺いしたいと思います。

以下で簡単に説明をしたいと思います。

【情報取集へのニーズが多様化してるって何?】
➡昔はテレビから情報を収集する事が多かったですが、最近はインターネット経由でスマホ等から情報を集める事も増えて、若い世代ではその傾向がとても強い状況です。若者は「マックテレビで流している動画をネット(PCやスマホ)で観れるようにしたらいいじゃん!」と考える訳です。これを情報収集へのニーズが多様化していると定義しています。

【番組/コンテンツへのニーズが多様化してるって何?】
➡マックテレビの特徴として、自主放送番組が視聴できる事にあります。ただ皆さんに聞きたいのは「最近、マックテレビ観ていますか?」という事です。昭和や平成の時代では、娯楽が少なく、テレビ番組が高い視聴率を取れていましたが、最近は娯楽が増えてきて、テレビを全く見ない人も増えてきました。当然、マックテレビの自主放送番組においても、視聴している方が昔に比べて少なくなってきていると考えています。若者的には「マックテレビの自主放送番組を観るより、YouTube観た方が面白くない?」と考える訳です。これを「番組/コンテンツへのニーズ」が多様化していると定義しています。

という事で、昔に比べてマックテレビの役割が確実に変わってきているように感じましたので、ネット世代の若者を代表して、そもそも令和の時代になんでマックテレビやっているの?という事を三沢市に質問しました。

それに対する三沢市の回答は以下の通りです。

【三沢市の回答】小桧山市長答弁
➡市民ニーズに応じた行政情報の提供や、放送が持つ速報性を生かした緊急防災情報を提供することにより、市民の生命、財産を守り、地域への愛着を深めるという意味において、とても重要な機能を果たしているものと考えております。
 また、アンケート調査によると、市民の84パーセントの方に視聴していただいているとのことでありますので、今後におきましても、三沢市放送番組審議会の委員、市民の皆様のご意見をこれまで以上に反映させ、そして進化するICT技術も取り入れながら、幅広い年齢層に愛されるマックテレビを目指し、番組制作に努めて参りたいと考えております。

ネットdeマックTV・facebook動画・YouTube活用について

ネット de マック TVの画面

【私の➁の一般質問の趣旨】
ネットdeマックTVのメディアにこだわらず、他の自治体のようにYouTubeを活用する等、今後、様々なニーズに対応していく必要があると考えますが、「インターネットの動画」という視点から、今までの取り組みや現在の検討状況について、教えて頂きたと思います。

以下で簡単に説明します。

【私の言いたい事】
➀でマックテレビの役割を質問しました。マックテレビを全く視聴していない市民も一定数存在し、特に若い世代でその傾向が強いと考えています、ですので、令和の時代に求められる事は「インターネット上でも気軽に動画を視聴する事が出来る仕組みを早急に作る事である」と考えています。

という事で、マックテレビの自主放送番組等の内容をYouTube等インターネット上でも動画を気軽に視聴する取り組みを作るべきではないのか?という事を三沢市に対して質問しました。

それに対する三沢市の回答は以下の通りです。

【三沢市の回答】佐々木政策部長答弁
➡「ネット de マックTV」や市の公式Facebook、三沢市移住サイト、そのほかにも様々な媒体での動画の活用を含め、今後、三沢市ICT推進プロジェクトチームにおいて調査、検討して参りたいと考えております。

➂動画を活用した行政情報のPRや市民教育について

【私の➂の一般質問の趣旨】
市の行政情報について、文章だけではなく、動画でも発信する事について三沢市の見解を問う。

【私の言いたい事】
自治体の情報発信の際に、文章や画像だけではなく、動画を活用し、発信した方が、より市民の皆さまの理解が深まりやすい行政情報もあると考えています。例えば、何かを組み立てる方法や操作方法等、また、セミナーのような講師の講義内容を参加されていない方に動画で共有する事も可能だと思います。

という事で、インターネット上で動画を活用した行政情報を発信するべきでないか?という事を三沢市に対して質問しました。

それに対する三沢市の回答は以下の通りです。

【三沢市の回答】佐々木政策部長答弁
➡現在はマックテレビで放映しているものがメインとなっておりますが、今後市民アンケート及び三沢市放送番組審議会、市ホームページからのご意見等を参考にしながら、YouTubeの活用も含め検討して参りたいと考えております。