市議会の定例会は年に4回実施されます。そしてその中で一般質問を行う事が出来ますが、私は任期4年の間、一般質問を複数回実施したいと思います。

一般質問とは?
市政運営の内容について議員が執行部に対し、質問する事が出来ます。より良い市政運営に繋がるような一般質問を実施できればと考えています。

令和2年第2回市議会一般質問内容:市政運営のデータ活用について(行政問題)

6月1日に、令和2年6月に開かれる第2回定例会に対しての一般質問の通告の書類を議会事務局に提出致しました。

※市議会では一般質問をする際には、事前に質問する内容を通告する必要があります。

一般質問通告書

↓実際の一般質問の通告書は以下からダウンロード出来ます。↓

「どんな質問をしたかったのか?」といいますと、ざっくりと、以下のような事です。

最近、データの重要性が高まっているが、
➀アンケートをデータにして上手く活用してるの?
➁目標を決めて、数値管理してるの?また、それを公表してるの?
➂データ系の教育やってるの?

という事です。

実際の答弁

※写真はありません。

↓実際に一般質問で話した原稿です。ダウンロード出来ます。↓

どんなやりとりが発生したかを簡単に説明致します。

実際の答弁内容要約
➀アンケートをデータにして上手く活用してるの?
⇒三沢市の各種計画は、市民アンケート調査を行って、市民ニーズを把握したり、パブリックコメント(市民に広く意見を求める制度)を実施、また各団体の代表者や市議会議員からも意見を貰って、作っている。(小檜山市長)

➁目標を決めて、数値管理してるの?また、それを公表しているの?
⇒三沢市では目標値/基準値が設定されている計画がある。一例としては「第二次三沢市総合振興計画」(三沢市で一番大枠の計画)の場合には、毎年度、進捗管理をし、「PDCAサイクル」を回し、改善が必要な物は改善を図ることにしている、また「第二次三沢市総合振興計画」の進捗状況は達成度をグラフ化し、市のHPで公表している。(佐々木政策部長)

➂データ系の教育やってるの?

⇒東北経済産業局が実施する、地域経済分析システムの基本操作及び分析手法等を習得する出前講座を実施する方向で調整している。(田面木総務部長)

実際の答弁はもっと長いですが、ここでは割愛致します。後ほど議事録が作成されますので、興味がある方は市議会HPから定例会の議事録をご確認頂ければと思います。

再質問をしました。ICT研究チームが本格的に動くとの事です。

市議会の一般質問では再質問と再々質問ができます。1つの項目について2回質問が可能です。

私は再質問で、ネットを使用したり、システムを活用した方が良いのでは?等の再質問をしました。その際に佐々木政策部長から、ICTの研究チームを作るとの話がありました。

これは元々小檜山市長のマニフェスト「ICTタウンの推進」に記載されている事で

「ICT推進プロジェクトチーム」を設置し調査研究を進めます。

という公約を実現する形となります。

小檜山市長HPより抜粋

役所の方に聞いたら、既に人選が始まっており、これから本格的に始動していくとの事でしたので、今後の取り組みに期待したいと思います。

おわりに

今回初めての一般質問で、慣れない部分もありましたが、なんとか無事に終える事ができました。

まずは、慣れる為の一般質問という事で、ふんわりした抽象度の高い質問となりましたが、次回からは、より具体的な一般質問を行っていきたいと考えています。