自分の政策研究の室内イベント開催時期を検討中です。

本日は、室内イベント開催時期を検討しているという話を書きたいと思います。

各種イベントを求める声を沢山聞いております。

私の公約の中に、色々な課題を解決する為の各種イベントを「政策研究」として実施する事を記載しています。

最近になり、イベントの開催を求める声が沢山聞く機会があり、早急に実現しなければいけないと考えています。

特に街コンやIT系のイベント等について、自分がしっかりと前に進めていきたいと考えています。

今まで公なイベントの開催は控えてきました。

私はこれまで、公なイベントの開催を控えてきました。(個別の少人数での食事会等は感染対策を適切に行い、実施しています。)

※これは市議会議員として、万が一、公なイベント開催をして、感染者を出してしまった場合、大きなニュースとして取り上げられてしまい、三沢市のイメージを大きく下げてしまう可能性があると考えています。

ですので、公なイベントの開催はコロナが落ち着くまでは、避けてきました。

2020年11月12月の開催を検討していましたが、感染者増加により、年内は開催を見送る方向で検討しています。

一部のGoToキャンペーンが10月から解禁となり、全国的にも徐々に小規模なイベントが開催され始めてきましたので、私としても年内の11月・12月に一度イベントを開催して良いのではないかと考えていました。

しかしながら、青森県内における感染者の増加により、実施を見送り、感染者が収まり、上十三へのコロナの感染が広がっていない状況となった際に、イベントを開催していきたいと思います。

今、イベント関係の色々な準備を進めています。

今、イベント関係の色々な準備を進めています。以下のようなことです。

〇市民の皆さんが相談できる私の事務所を三沢市内に設置し、そこで相談業務や議員活動を行う。
⇒現状私は、直接相談できる窓口がありませんので、2021年を目途に準備を進めたいと考えています。
〇三沢市内にコミュニティスペースを確保し、人を集める場所を作る
⇒事務所に併設できれば良いと考えています。これも2021年を目途に準備を進めていきたいと考えています。

来年から「オフライン」の動きを活発化させれると考えています。

2020年の議員活動はコロナの影響により、議会活動やオンラインの活動や準備の活動がメインとなりましたが、

来年にはコロナも落ち着くと考えていますので、オフラインの活動にも力を入れる方向で準備を進めています。

本日は以上です。